株式会社 豊光社

株式会社 豊光社
プリント基板 設計・製造・量産、超高精度クランプ式DCセンサ・パルスセンサ・クランプ メーター、次世代エコ照明CCFL・LEDの開発、販売。

開発室 最前線 Deve-Labo 当社が開発に挑んできた技術や製品について、 開発の経緯、舞台裏のエピソード、 技術シーズとしての魅力等を紹介します。

 
file01 picsor(ピクサー) クランプ式微弱直流センサ クランプ式微弱パルスセンサ
file02 センサアレイ モジュール(磁束センサ)
file03 気象情報収集装置 情報収集伝送装置
file04 冷凍庫用イオン 超音波発生装置

 
-弊社は2015年、創業45周年を迎えています。-

創業事業であるプリント基板分野を中心にしたPCB事業部に加え、
センサ事業部・ライティング事業部の現在3事業部で事業推進をしております。
これまで各事業ごとで業務を進めておりましたが、昨年より開発部を設立し開発案件を
3事業部一本化体制としました。今後はこれまで3つの事業で培ってきた
ネットワークを最大限発揮し、幅広いニーズにお応えできる様に
取り組みを進めていき、お客さまのニーズに応えていきたいと考えております。
これまで協力体制を培ってきた開発・生産の協力会社様と
今後ともより良い関係を構築して行きます。

開発部メンバー


 

開発部のはじまり、そして「今」

それは、求人広告にはじまった / 精鋭が揃い、技術開発主導型企業」へ

「センサ事業部・立ち上げスタッフ求む」
大手電気機器メーカーを辞めて半年が過ぎた田代勝治(現・開発部長)が目をとめたのは、
求人雑誌の1ページだった。「豊光社?確かプリント基板の会社のはずだが…」。
前職時代、直接ではなかったが、つきあいのあったその企業名が興味をひいた。
「とにかく、おもしろそうだ」。田代は、豊光社の門をたたいた。
応募してきた田代の、「熱血スポーツマン」を思わせる第一印象に、
倉光宏(豊光社社長)は、頼もしさを感じた。
業務用の情報機器・システム開発を手がけてきた職歴にも、
お客様との技術折衝力がうかがえた。
「技術開発主導型の企業をめざしたい」。倉光は、夢を語った。
じつは、開発案件のオファーは、既に入っていた。
「では、さっそく取りかかりましょう」。
あれこれ言っている暇があれば、体を動かす、頭を働かせる。
豊光社の開発部門は、初日から体育系のノリでスタートした。
それから、15年近くが過ぎたが、「社長のことばは本当だったな」と、田代は述懐する。
豊光社は、次世代製品を開発して、センサ事業に加え、ライティング事業
(次世代エコ照明CCFL・LED製造・販売)部門を立ち上げてきた。
開発担当技術者としては、篠原長勇喜、そして野末好洋が加わった。
2014年には、これまで各事業部に置いていた開発部門を一本化し、開発部を設立。
これにより3事業で培ってきた技術を融合・統合し、
いっそう幅広いニーズに応えることができる
「技術開発主導型企業」への歩みを開始した。
さらに川野亮輔が入社し、精鋭4名の部に。
きわめて小さな所帯ではあるが、役職者を含め36名の
企業としては、充分に本気度がうかがえる陣営となった。
「世界初となる電流センサ等、オンリーワン商品開発に
挑みたい」。ものづくりの街・北九州市の小さな
技術開発型メーカーが見据えるのは、つねに「世界」である。

主な開発実績例一覧

案 件
内 容
状 態
ICタグR/W 微弱型から認定必要クラスまでのR/Wの開発 1Wレベルまで
非接触直流電流センサ 微弱な磁界を測定する技術により、直流磁界から非接触にてµAレベルの直流電流を測定 picsorブランドで事業化
デジタルカメラの手振れ防止 微弱型から認定必要クラスまでのR/Wの開発 某大手カメラメーカーの委託開発
超低周波LCRメータ 電気インピーダンスを1Hz以下の超低周波で測定可能な機器開発 化学材料の特性差を検出
製紙工場のライン用の紙厚制御センサ 微弱型から認定必要クラスまでのR/Wの開発  
AC電源のI0r漏電監視 微弱直流電流検出のコア技術を利用した漏電検出  
特殊照明の開発 CCFLやLEDを使用した各種照明商品の開発  
 
あなたのアイディアを実現化するきっかけが、ここにつまっています。 ビジネスシーズ
豊光社の技術は、イノベーションをもたらす挑戦をまっています。 お問い合せ